「脳・頭」の記事一覧

脳梗塞で死んだ脳細胞を再生できる可能性が!兵庫医科大の研究

脳疾患の怖いところは血管が詰まった先の脳細胞が死んでしまい、後遺症が残ることです。 死んでしまった場所により、・・・

神の手脳神経外科医・福島孝徳医師 12歳の超難関手術に挑む

神の手をもつ脳神経外科医として世界中で知られる、福島孝徳医師。 福島式鍵穴手術という独自の手術法を生み出し、超・・・

毛の大量生産が可能!毛包の元を大量に生産できるプレート開発

薄毛の人にとって毛が増えるニュースは、何はなくとも嬉しいですね。そんなニュースが、新・情報7daysニュースキ・・・

アミンファーマ血液検査で隠れ脳梗塞が85%の確率で分かる

隠れ脳梗塞、怖いですね。 脳梗塞は命に係わる病気です。いつ起こるか分かりませんし、助かっても後遺症が残ることが・・・

むち打ち症の後遺症、頭痛、吐き気、めまいの原因は脳脊髄液減少症かも

交通事故やスポーツ中のぶつかりなどの経験がある人で、頭痛や、めまい、吐き気、耳鳴りなどの症状が治らない人は、脳・・・

脳動脈瘤の最新手術「フローダイバーター」でくも膜下出血を防ぐ

たけしのみんなの家庭の医学で紹介された奇跡の手術で患者さんを救うスーパードクター。 その中で、脳に脳動脈瘤があ・・・

松方弘樹さんを襲った脳リンパ腫とはどんな病気

2月13日に体調が急に悪くなり、緊急入院していた松方弘樹さん(74)。 病名について、いろいろと憶測されていま・・・

片頭痛の原因は心臓に開いた穴|岡山大学の取り組み

片頭痛に悩む人は、推定840万人いると言われています。小さいころから片頭痛に悩まされ、鎮痛剤が手放せない人も多・・・

脳ヨガ・有田式禅の呼吸のやり方 最新脳のアンチエイジング

未知数の多い脳ですが、最近は、脳のアンチエイジングとして、脳トレーニングが盛んにおこなわれるようになりました。・・・

頭痛を起こさないための片頭痛予防薬とは ためしてガッテン

頭痛持ちの私は、頭痛薬はいつも持ち歩いています。頭痛の兆候がでてきたときは、酷くなる前に薬を飲み対処しています・・・

ステントリトリーバーはt-PAが間にあわない脳梗塞の最先端治療

夏になると増える脳梗塞。寝ている間に水分が不足すると、血液がドロドロになり、血栓ができやすくなります。 夏の脳・・・

片頭痛の半数の原因は心臓の穴、塞いで治療 岡山大学

片頭痛持ちの方は多いですよね。不定期に襲ってくる頭痛と吐き気、原因不明の場合が多く、鎮痛剤を飲んでも、あまり効・・・

アルツハイマー症の新薬アミロイドβの段階で検出 林修の今でしょ!講座

テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」で、アルツハイマー型認知症の新薬について紹介していました。 アルツハイマーが・・・

美しくなる脳内物質ドーパミンの上手な出し方 世界一受けたい授業

脳内の神経伝達物質ドーパミン。快感や意欲、運動、ホルモンの調整などの役割を担う脳内ホルモンの一つです。 褒めら・・・

白質病変を早期発見し「まだら物忘れ」や血管性認知症を予防しよう

大脳の中にポツポツある白い反転を「白質病変」と言い、高血圧などによる動脈硬化からくる「慢性脳虚血」が原因だとさ・・・

西村知美さん44歳 爆音イビキで隠れ脳梗塞 睡眠時無呼吸症候群

西村知美さん44歳。1986年に映画『ドン松五郎の生活』でデビューしてから、もう30年近くになるんですね。 「・・・

失神グセを自宅で治す方法 便と脈のチェックで早期発見

グループ・サウンズ全盛の1960年代、コンサートで女性が失神してしまい大きな話題になってましたよね。その当時は・・・

さとう珠緒さん42歳 自覚なき脳梗塞が多発 認知症の危険

さとう珠緒さんと言えば、ぶりっ子アイドルと言うイメージが強いかと思います。42歳でも「ぷんぷん」と言う仕草は今・・・

脳の焦げ落としとは 片頭痛で脳過敏になると脳が焦げる?

頭痛には緊張型頭痛と片頭痛があり、頭痛持ちの方は自分がどちらのタイプかを見極めることが大切です。と言うのは、タ・・・

麻木久仁子さん若年性脳梗塞と乳がんの経過を語りました

脳梗塞と言えば、シニア世代に多い疾病ですが、現在30代~50代の脳梗塞が増えています。比較的若い世代に発症する・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ