「癌」の記事一覧

小林麻央さんの乳がん骨や肺にも転移 誤診や診断ミスは防げるのか

乳がんであることをネットで綴り、大きな反響をよんでいる小林麻央さんのブログ「cocoro」。 麻央さん自身が、・・・

子宮頸がん手術の後遺症リンパ浮腫に悩み手術を決意 古村比呂さん

乳がんや、子宮がんの手術後、リンパ管を切除してしまうことにより起こるリンパ浮腫。 体内に流れるリンパ液が心臓に・・・

がんでも産みたい 卵巣凍結保存の最新情報 NEWSアンサー

がんでも妊娠したい!これは、ガンになっても子供を欲しい女性にとっては切なる願いですよね。 この希望を叶えてくれ・・・

がんの名医がガンになったら見てもらいたい名医とは?

がんになったら名医と呼ばれる人に手術してもらいたいものですが、日本の名医を呼ばれる先生は、がんになった時はたし・・・

白血病、悪性リンパ腫のがん幹細胞を根絶を目指す臨床試験がスタート

治療の難しい病気に、血液のがんがあります。体を守る役目のリンパ球が、ガンに変異してしてしまう病気です。 悪性リ・・・

iNKT細胞の攻撃力を高め、がん細胞を死滅させる免疫療法

免疫療法は、今、一番注目を浴びているがんの治療法ですよね。「がん細胞は、なぜ死なないか」「どうすればやっつける・・・

がん10年生存率 ステージⅠでは全体の86%が生存

がんは治療は、術後5年間が目安と考えられていましたが、術後10年生存率のデータが、国立がん研究センターから発表・・・

吉井怜さん急性骨髄性白血病との壮絶な闘い 

吉井怜さんは、1996年14歳でアイドルデビューし、TV番組で活躍していました。そんな吉井さんに異変がおこった・・・

がん新薬の治験を受けるには|がん治験情報と申込み方法

がんは、早期発見、早期治療すれば、高い確率で治すことのできる時代となりました。 しかし、発見が遅れたり、進行性・・・

肝臓、胆道、すい臓がんの名医 静岡がんセンター上坂克彦先生

がん手術として、もっとも難しいとされる肝臓、胆道、すい臓がん。 川島なお美さんは胆管がん、すい臓癌では坂東三津・・・

免疫チェックポイント阻害薬「オプジーボ」で悪性黒色腫、肺がん治療

近年、まったく新しいがん治療法として注目されているのが、免疫療法です。 がん細胞は、体内の細菌やウィルスなどを・・・

しこりのない乳がん 乳首から出血 片乳だけ大きくなる

乳がんと言えば「しこり」を気にしますよね。触診したときに、コリコリした「しこり」を感じたら、乳がんを疑います。・・・

アスピリンが大腸ガン予防に効果があるか臨床試験  国立がんセンター

今、日本人のガンの死亡率でもっとも高いのは、男性は肺がん、女性は大腸がんです。 男女合わせると、大腸がん患者数・・・

下咽頭がん 声も命も守る「喉のがん」最新治療 WBS

今、50代~60代で「喉のがん」になる男性が増えているそうです。 咽頭がんと言えば、つんくさんが命と引き換えに・・・

免疫チェックポイント阻害剤でがん治療が激変する!新免疫療法

がん治療において、今世界中から注目されている治療法があります。その治療法の名前は、「免疫チェックポイント阻害剤・・・

アグネスチャンさん、園田マイコさん、小林アナさん、乳がん闘病を語る

北斗晶さんは、毎年検診したいたのにもかかわらず,2.5cmの乳がん腫瘍が見つかり、多くの女性に衝撃を与えました・・・

ガンを兵糧攻めで弱らせ治療する動脈塞栓術 末期がんに希望 堀 信一先生

大阪、関西空港のを見下ろすタワービルの14階に、血管内治療専門の診療所「ゲートタワーIGTクリニック」がありま・・・

すご腕肝臓外科医 高山忠利先生 超難易度の尾状葉肝がんに挑む

沈黙の臓器として知られる肝臓。自覚症状がでてきたときはかなり悪化した状態と言われています。中でも、肝臓がんは特・・・

川島なお美さん 抗がん剤も少ない肝内胆管癌治療の難しさ 

川島なお美さんが、54歳と言う若さで亡くなったことは、同じ世代の私にとってはとてもショックでした。 先日とても・・・

乳がんの種類とタイプ エストロゲンとHER2陽性乳がん 北斗さんの乳がんで思う

昨日は、北斗晶さんが乳がんであること、右乳房を失うこと告白し、とても驚きました。 北斗さんにはいつも元気いっぱ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ