「医療・一般的知識」の記事一覧

平均寿命より本当は長生きしている日本人

大橋巨泉さんが2016年7月12日亡くなりました。享年82歳でした。 10代の頃の「ゲバゲバ」、「11PM」、・・・

医師がおススメ「30歳以上の人が受けた方が良い検査」

世界一受けたい授業で紹介されていた検査に関する情報です。 検査って色々ありますが、その中でも30歳以上の人なら・・・

ヒジキは鉄分豊富はウソ間違い?! 健康常識のウソホント

今まで色々な健康法が流行りましたよね。 しかし、巷で噂の健康法を実践してみたものの、いつの日がその健康法が間違・・・

足の甲に小さな赤い斑点がある 目で見てわかる病気のサイン

足は血液中の悪い成分がたまりやすい場所なので、全身の健康状態をチェックできる場所だと言われています。 目で見て・・・

赤ちゃんの命にかかわる高熱 ドクターG

赤ちゃんの高熱、心配ですよね。 まして生まれたばかりの赤ちゃん(新生児)は、なぜ高熱を出しているのか非常に難し・・・

長引く咳・めまい・胃腸のベストドクター 藤村政樹・豊田英樹・北原糺

ベストドクターと言う言葉をご存知ですか? ベストドクターとは、名医選出制度で選び抜かれた名医中の名医で、医師が・・・

ハッカ飴をなめながら入浴 肌のために長湯はしない 名医のお風呂の入り方

名医がプライベートにやっているお風呂の入り方と題して、林修の今でしょう講座で教えてくれた「医学的に正しい入浴法・・・

エイズ治療の道を切り開き世界のエイズ患者を救った男 満屋裕明氏

1980年代から2000年初頭まで、有効な治療薬がなく世界中の人々を恐怖に陥れたエイズ。 感染すればただ死を待・・・

線虫「C・エレガンス」は1滴の尿の臭いでがんを判明 

最近、がんを臭いで判別する検査が普及してきました。日大医学部では犬の嗅覚でがんを判別する実験を本格的に開始し、・・・

スタチン系の脂質異常薬に卵巣がんの抑制効果が

中高年になると、悪玉コレステロール値が高くなったり、LH比(悪玉と善玉の比率)が高くなったり、中性脂肪値が異常・・・

ピンチに役立つツボ!便意、頭痛、鼻水、冷え性を応急処置

東洋医学が科学的に解明されてきて、医療の現場にも積極的に取り入れられています。 処方薬に漢方をだす病院がずいぶ・・・

死亡率を激減させる長寿ビタミンとは ためしてガッテン

ビタミン、ビタミンと言われて幾久しく。 風邪とお肌にはビタミンCが良いと言うのはもはや常識になっていますよね~・・・

アミノ酸濃度の血液検査ですい臓がんのリスクも判定 早期発見に

今やがんの種類によっては完治が可能な時代になりました。それでも、ガンはまだまだ死亡率の高い病気です。それは、手・・・

ホームページで分かるイイ病院の見分け方

今、大きな病院へ受診しようとすると、「紹介状を持っていない人はダメです。近くの病院で診療を受け紹介状を書いても・・・

現代病ランキング 姿勢がまねく脳の病 無意識の摂食障害

ここ30年くらいに急速に発展してきた物により、体調が狂ったり、新たな病気を発症したりと現代病に苦しんでいる人も・・・

絶対に行きたくなる病院・温泉ツアーと病気の都市伝説

健康や病気の都市伝説ってどんなものがあるのか考えてみました。 おへそのゴマを取るとお腹が痛くなる?風邪を引いた・・・

市販薬の副作用で死亡した薬と副作用の症状 消費者庁発表

消費者庁は、平成27年4月8日、薬局で購入した市販薬の副作用で15件(2014年3月までの5年間の集計)の死亡・・・

命を救う応急処置法 救急車がくるまでの対応が生死の境に

私たちを当然襲う病。心臓の痛み、割れるような頭痛、呼吸困難、大量の出血、吐血、意識障害・・・。めったにおこらな・・・

脳卒中の人が歩ける奇跡を起こすロボットスーツHAL

私たちの子供の頃、SFというとロボットと火星人でしたよね。21世紀になると空をロボットが飛び回り、火星人の襲来・・・

行動やクセ、体型でわかるタイプ別病気のリスク 

私たちが何気なく過ごしている毎日。ドクターは、私たちの生活をみればどんな病気になりやすいかわかるそうです。 確・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ