「子宮」の記事一覧

子宮頸がん感染からの発病を防ぐ治療薬 遺伝子組み換え乳酸菌

子宮頸がんの原因のほとんどは、男性からのヒトパピローマウイルスの感染です。感染を予防するには、子宮頸がん予防ワ・・・

原千晶さん子宮がん再発で号泣の子宮全摘出決断 カスペ!芸能人闘病体験

原千晶さんは、1994年20歳の「クラリオンガール」でデビューし、その後、女優として活躍していました。 そんな・・・

子宮けいがんワクチンはどうするのか、副作用問題の結論 Nスタ

海外では100カ国以上の国で、行われている子宮けいがんワクチンの接種。ワクチンを接種し体内に抗体ができると、子・・・

「どうぞこのまま」の丸山圭子さんは音楽大学教授に 爆報!THEフライデー

丸山 圭子さん(59)。私たちの同世代のシンガー・ソング・ライター。1976年「ひとり寝のララバイ」「どうぞこ・・・

不妊治療 卵子老化の衝撃と精子の老化? クローズアップ現代

不妊、それは結婚した女性にとって、とっても辛い現実を突きつけます。相手ばかりか、双方の両親からの期待に応えよう・・・

妊娠の可能性を残す広汎性子宮頸部摘出術 女性ブラックジャック 田中京子先生

今、日本人女性の46人に1人の割合で、子宮がんにかかっているそうです。 子宮頚がんは子宮の入り口部分にできるが・・・

子宮を残し妊娠の可能性を残す黄体ホルモン療法 上坊敏子先生 

最近増えている若い女性の子宮がん。命を守るためには、手術で子宮を取り去るのが一番ですが、それは一生子供が生まれ・・・

古村比呂さん子宮頸がん闘病を告白 ノンストップ

古村比呂さん(47歳)は、自身の子宮頚がんで手術を受けたことを告白しました。 NHK朝の連続テレビ小説「チョッ・・・

子宮内膜症 腸からの出血や肺に穴が開くことも ためしてガッテン

子宮内膜症で苦しんでいる女性は、今や260万人にも登ると言われています。初潮から生理が落ち着いてくるティーンエ・・・

ジュディオングさんの闘病地獄に江角さん絶句 私の何がイケないの

ジュディオングさんは、1950年生まれの63歳。相変わらずの淡麗な容姿に、5カ国語をあやつり、女優や歌手として・・・

萩原智子さん、腹痛は子宮内膜症とチョコレートのう胞 みんなの家庭の医学

たけしのみんなの家庭の医学では、子宮内膜症とチョコレート嚢胞で手術をし、見事に水泳界に復帰した萩原智子さんが出・・・

子宮頸がん予防ワクチンは何歳まで受ける?ワクチンは完全か?

子宮がんには、2種類の癌があります。子宮体がんと子宮頸がんです。 このうち、子宮頸がんは、ワクチンで予防できる・・・

MEAが保険適用 過多月経 子宮筋腫 内膜症 切らない治療

過多月経に苦しんでいる人は、600万人にも上ると言われています。 働き盛りの女性を悩ますのが、子宮筋腫と子宮内・・・

子宮内膜症を防ぐにはピルが有効!あさイチ 

避妊が目的で使われてきたピルが、 子宮内膜症に有効であるというニュースです。 避妊のために使われてきたピルが、・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ