万能くるみダレ 作り方 レシピ 郷土料理 健康と美肌とダイエット

スポンサードリンク

くるみは天然のサプリメントと言われる程、栄養価が高く老化防止のミネラルやビタミンがたっぷりです。その上、健康にとっても効果的な食品で、動脈硬化などの生活習慣病の予防にもなります。

くるみは、亜鉛、マグネシウム、鉄、カルシウム、鉄などミネラルがたっぷりで、ビタミンEも豊富に含まれています。

ナッツ類には、オレイン酸、 α-リノレン酸、リノール酸などの不飽和脂肪酸が多く含まれているのですが、クルミには、特に
αリノレン酸が多く含まれるので、血液中のコレステロール値を下げる働きがあります。

中高年になると、悪玉コレステロール値が高くなる傾向があり、特に閉経後の女性は、ホルモンの影響で、突然の高脂血症になることもあります。中高年の女性は、クルミを積極的に取りたいですね。

以前、NHKあさイチで、栄養管理士の伊達友美さんがクルミでダイエットに成功した話がありましした。ナッツ類は、太ってしまうと思われがちですが、αリノレン酸の働きは、悪玉コレステロール値を下げるほか、体重が増えにくくなる働きがあるそうです。

伊達友美さんは、くるみと一緒に温かい豆乳を飲むことで満腹感を感じ、食欲を抑えて、体重を65キロから43キロに減らしたと言っていましたね。

慶応大学 井上浩義先生は、毎日クルミを食べ続けているそうです。先生の肌年齢を測ったら、51歳なのに38歳の状態でした。

くるみパワー恐るべしですね。

スポンサードリンク

万能くるみダレで健康と美肌とダイエ

1日に食べる量は、25g(片手に乗る程度)がおすすめ。カロリーが高いと思われがちですが、適量は健康やダイエットに効果があります。

1日25gのクルミに期待できる健康効果

・肌に張りと潤い
・悪玉コレステロール値を下げる
→心筋梗塞・脳梗塞・血栓・高血圧の予防
・糖尿病を予防
・肥満防止

クルミは、美肌効果のあるオメガ3(不飽和脂肪酸:α-リノレン酸)と、ごま油などに含まれるオメガ6(不飽和脂肪酸)が含まれています。

このオメガ3とオメガ6の割合が1:4の比率が身体に良いベスト比率となります。

万能クルミだれの作り方

材料:
くるみ 200グラム
砂糖 大さじ8
みりん 180cc
みそ 180グラム
はちみつ 大さじ8

甘さや辛さはお好みに合わせて。保存容器にいれ冷蔵庫で2~3ヶ月は持ちます。

●野菜のくるみ和え
材料
大根、人参、インゲンマメ、くるみダレ 各適量。これにくるみたれをかけて出来上がり。

●絶品くるみ餅(10個分)
じゃやがいも 大2個
片栗粉 150g
くるみダレ 適量

じゃがいもを柔らかめにゆで、片栗粉を混ぜて、すこし多めの油で揚げ焼きにしてお餅を作ります。普通のお餅でも大丈夫です。

できたらくるみダレ をかけてできあがり。五平餅は、このたれを使っているそうです。

スポンサードリンク

その他、お豆腐にのせる、しゃぶしゃぶのゴマだれ替りにも使えます。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ