くも膜下出血から身を守るスペシャル 主治医が見つかる診療所

スポンサードリンク

直接死につながる脳の病気、生還しても身体に後遺症を残します。
今回の主治医が見つかるでは、「くも膜下出血」のスペシャル版です。

【脳疾患のおさらい】
・脳溢血と脳出血(脳内出血)~脳の中の血管が切れる病気
・くも膜下出血~脳の周りの血管が切れるもの
・脳梗塞~脳の血管が詰まるもの
・脳卒中~上の3つの疾患の総称

【くも膜下出血とは】
頭は、頭皮、頭蓋骨、硬膜、くも膜、軟膜、脳の順になっています。
くも膜と軟膜の間は、脳脊髄液に満たされ、太い血管が張り巡らされています。
この太い血管にこぶ(脳動脈瘤)ができ破裂し、くも膜と軟膜の間のくも膜下腔
に血がどんどんたまって脳を圧迫するのが、「くも膜下出血」です。

発症すると24時間以内に30%の患者が死亡し、約30パーセントに
重い後遺症を残します。

【くも膜下出血の発症時の症状】
よく言われる特徴的な頭痛がおきます。
・今までに体験した事の無い様な頭痛
・バットで殴られた様な頭痛
・はげしい頭痛
・激しい吐き気
・意識を失う
・ブチ ズン ピカッとした衝撃

【治療方法】
●開頭手術「開頭クリッピング術 」

頭の骨を開けて、破裂した動脈瘤にクリップではさみ血管から遮断します。

●血管内手術「脳動脈コイル塞栓術 」
柔らかい金属コイルを破裂した動脈瘤内に送りこみ血管から遮断します。

【くも膜下出血の前兆・前触れ】
くも膜下出血を発症する人の半分くらいには、
前兆・前触れともいえる症状があります。
この段階でいち早く病院へ行って検査、治療をうけることが大切です。

●未破裂動脈瘤と警告出血
 
まだ破裂してない動脈瘤から少しづつ出血してる段階
  ・頭痛
  ・物が二重に見える
  ・片方の目の瞳孔(どうこう)が拡大する
これらの症状は一時的、または継続的に現れます。

●一過性脳虚血発作(TIA)
 未破裂動脈瘤の中に血液の固まり「血栓」ができてる段階

  ・片麻痺が起こる~ コップや箸を落とす
  ・体の片側のしびれる~体の左右どちらかがしびれ感覚が鈍る
  ・めまいが起こる~立ってなれない、急に転ぶ。
   グルグル回っているように感じる回転性めまいと、
   フラフラと感じる浮動性めまいの2つのタイプがあります。

  ・ろれつがまわらなくなる~舌が回らずうまくしゃべれない。
    言葉がうまく出てない。
  ・物が見えにくくなる ~片方の目がかすんだり、暗くなったりする
  ・視野が欠ける~視野の半分が欠けて見えなる

くも膜下出血になりやすい要因
以下の人は要注意だそうです。
 ・2親等以内に脳卒中になった人がいる
 ・頭痛もちである
 ・高血圧の人
それ以外に、肥満、喫煙、飲酒は脳にはよくないそうです。

【家族を守るためには】
・おかしいな と感じたらすぐ病院へいく
・40歳をすぎたら脳ドックへいく

家族を守るには、くも膜下出血の前兆・前触れを
いち早くキャッチし治療することが大切です。

主治医たちは、「動脈瘤は完全に予防できる」と語ります。
私たちの世代は、一度うけて脳の状態を確認しておきたいですね。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ