腹斜筋を鍛えウェストすっきり!わき腹ぷよぷよ撃退術 あさイチ

スポンサードリンク

正月も終わり、今年一年、健康にダイエットに頑張ろう!と決意された方も多いのではないでしょうか。

その前の大きな課題は、正月休みで溜まってしまったぷよぷよお腹をどうするか・・。

あさイチではH24年9月に放送した、「ぽっこりお腹撃退法!」の請負人、
・日本医科大学教授で整形外科医の高井信朗さん
・ミスター・ドローインこと 了徳寺大学講師の岡田隆さん
・美ボディーの整形外科医、中村格子さん
の3人に再登場いただき、ぷよぷよお腹の撃退法を伝授していただきます。

前回は、息を吐いてお腹をへこませた状態をキープすることにより、おなかの一番奥にある「腹横筋」を鍛えるドローインを教えてもらいました。

買い物や、料理など日常生活の中にドローインを取り入れることにより、効果があがるということでしたよね。まあ、去年の話はおいておきまして・・(^_^;)

今回注目する筋肉は、「腹斜筋」だそうです。

わき腹ぷよぷよ撃退術

ウエスト周りのくびれを復活させ、わき腹をすっきりさせるための簡単で効果的なストレッチを教えてくれます。

くびれを作るには、内腹斜筋と外腹斜筋からなる「腹斜筋」を鍛えること。この筋肉を目覚めさせると、わき腹がすっきりするそうです。

腹斜筋ストレッチ

①仰向けになり、両腕を上に伸ばしバンザイの姿勢とる。
②この状態で、体を左右に倒して、腹斜筋を伸ばす。

ポイント
右側を伸ばす場合には、右足を左足の上に交差させる。
左側を伸ばす場合には、左足を右足の上に交差させる。

こうすると骨盤が固定されるため、しっかり伸ばすことができるそうです。これを、1日左右5回ずつ行います。

スポンサードリンク

腹斜筋エクササイズ

しっかりストレッチで腹斜筋を伸ばしたあとは、エクササイズ。

●骨盤上げ
①しっかりした椅子の上に座り、お尻の片側を持ち上げます。

ポイント
骨盤を使って持ち上げる感覚で行う
持ち上げたときに頭の位置が変わらないようにする。

●骨盤歩き
床に足を伸ばして座り、両腕を腰位置において骨盤を左右に動かしながら前に進みます。

ポイント
速く進むことより、骨盤を大きく動かし進むことがポイント。うまくいかない場合には、両腕を前後に大きく振るとうまくいきます。1日10歩ずつが目安です。

●腹斜筋体操
・上半身を曲げるスクササイズ
①壁を背にして、両手を頭の上にあわせドローインの状態で息をはきながら体を左右に倒し、吸いながら戻す。

・タオルを使ったひねりのエクササイズ
①タオルの両端をもって肩の高さで前にだし、片足を一歩前にして足を交差、前に出した足の方向に腰を回転させます。

くびれ復活に役立つ運動として効果的なのが、私たちが子供の頃よく遊んだ、フラフープだそうですよ。

スポンサードリンク

今は、「ループ」」といい、最近ジムなどでも教えていて、再び流行のきざしをみせているそうです。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ