最近は、中高年世代の車運転による交通事故が増えていますよね。

アクセルとブレーキの踏み間違い、高速道路の逆走、突然の心疾患や意識喪失などによる事故が、日本各地で起こっています。

クルマの運転

そんなニュースを見ていると、いつ自分もそんな事態になるかも・・と心配になってしまいます。

突然病気になって起こる事故

中高年世代になってくると、突然病気が発症する確率が高くなります。

腹痛や意識障害、さらには、脳疾患、心疾患など、場所や時を選ばず突然起こります。

もちろん、それがクルマの運転中であっても、起こります。

ドラゴンボールの「ブルマ」やアンパンマンの「ドキンちゃん」役などを演じた、人気声優 鶴ひろみさん(57)もその1人です。

2017年11月、鶴さんは首都高速道路運転中に突然の体の異変に襲われ、意識不明の状態で見つかりました。

救急車で病院搬送されましたが、死亡が確認されました。死因は、大動脈剝離だったそうです。

大動脈剝離になると、突然、胸や背中に杭が刺さるような激痛が走ると言われています。

そんな痛みをこらえ、鶴さんはハザードランプを点滅させ、中央分離帯に接触しながらもクルマを無事停止させたようです。

一歩間違えれば、周りのクルマを巻き込んだ大事故になる可能性がある状態でしたが、最悪の事態を回避できたようです。

警察が進める高齢者の免許の自主返納

中高年世代の事故が多発する中、警察庁では高齢者の免許の自主返納を推進しています。

警察庁によると、2017年に自主返納した人は42万2033人、その中で75歳以上の人が6割だったそうです。

基本的には運転免許は永久ライセンスなので、免許更新をパスすれば何歳まででも運転できます。

しかし、71歳以上の免許更新期間は3年間となり、更新するには認知機能検査(75歳以上)と高齢者講習(71歳以上)を受ける必要があります。

認知機能検査の結果、記憶力、判断力が低くなっていると判断されると、免許停止または免許取り消しとなります。

しかし、この方法では75歳前に認知症を発症している人や、病気のある人などをチェックすることはできません。

実際、現行システムでは中高年の交通事故の発生を防げておらず、毎日のように事故が発生しています。

田舎の高齢者にとってクルマは命綱

とはいえ中高年の運転免許返納には、切実な問題があります。

過疎地の進む地方では、公共交通機関が撤退し、スーパーは閉鎖され、クルマなしでは生活が成り立たない状態です。

高齢者だけで住んでいる人も多く、病院へ行くのもクルマは欠かせません。

運転免許を返納してしまったら、それこそ生活が成り立たなくなってしいます。

そんな理由から、私の親類でも80歳を過ぎても軽トラを運転して、奥さんの病院の送り迎えをしている人がいます。

免許やクルマのなくなった家では、自治体の巡回バスや、移動スーパーだけが頼りというのが現状のようです。

自分でも命を守るには安全装置付きのクルマに変える

そんな中、今期待されているのが、様々な安全装置の付いたクルマです。

もっとも採用されているには、障害物とぶつかりそうな時、運転者に変わりブレーキをかけてくれる自動ブレーキです。

現在販売されているクルマでは、約6割のクルマに自動ブレーキがついているそうです。

ホンダの軽自動車「N-BOX」の最新型は、「Honda SENSING」と呼ばれる多くの安全装置が標準でついています。

ホンダの安全装置

・衝突軽減ブレーキ
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・歩行者事故低減ステアリング
・ACCクルーズ
・車線維持支援システム
・オートハイビーム
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能

これらの安全装置は、運転者が未熟な部分をハイテクがしっかりサポートしてくれ、事故の発生を未然に防いでくれます。

2020年には、世界中で初期レベルの自動運転がスタートすると言われています。

自動運転が完全に確立すれば、「人が運転する車は怖いので近づかない」ということになってきます。

そんな時代になれば高齢者の交通事故も減るし、免許を返納せずに済むかもしれません。

これからは、クルマはスピードやスタイルより、安全装置がいかに充実しているかで選ぶ時代になってきましたね。

独立行政法人自動車事故対策機構では、メーカー、車種別に安全装置の性能評価を行い発表していますので、クルマ購入のときには、ぜひ参考にしてくださいね。