YOSHIKIさんの息はいい匂い マツコの知らない世界でXJAPANの真相を語る

スポンサードリンク

2017年の紅白歌合戦では、YOSHIKIさんとToshiさんが出演し話題になりましたね。

頚椎椎間孔狭窄症となり「ドラムはもう叩けないのでは・・」と言われたYOSHIKIさんですが、紅白ではドラムをたたき元気な姿を見せてくれました。

ドラム

YOSHIKIさんは、最近テレビのトーク番組にもずいぶんでるようになり、とても優しくて暖かなキャラクターを見せてくれてます。

そんな、YOSHIKIさんに「鑑賞対象としてものスゴい面白い人」とマツコさんが俄然興味を示します。

そして、マツコさんのリクエストで実現した、YOSHIKIさんの『マツコの知らない世界』への出演。

マツコさんのするどいツッコミに、YOSHIKIさんもタジタジしながら、言ってはいけない過去がどんどん暴かれます。

初めての対談でマツコさんが、とても興味をもったのが「YOSHIKIさんの匂い」。

YOSHIKIさんの息はとってもいい匂いで、体から発散される匂いも特別な匂いがするそうです。

YOSHIKIが完全に壊れてしまった話ToshIさんのこと

日本のロック界の頂点にたった、XJAPANに次次とアクシデントが起こります。

1997年、ToshIさんの脱退とX JAPAN解散、そしてhideさんの死。

YOSHIKIさんは当時、「眼の前にいるトシさんをぶん殴ってやろう」と思ったそうです。

『これで一生会うことはない』と思っていたことなど当時の真相を話してくれました。

そして、XJAPANがなくなり自分が1人になった時に、YOSHIKIさんもまた完全に壊れてしまったそうです。

YOSHIKIさんは、どうしていいかわからなくなり、家から一歩も出られない生活になってしまったのだとか・・。

スポンサードリンク

YOSHIKIさんの青春を送った千葉県館山市

YOSHIKIさんの高校時代はリーゼントを決めて、千葉県館山市の地でけっこう突っ張っていたそうです。

YOSHIKIさんとTOSHIさんの育った、千葉県館山市はファンの間で聖地となっています。

今、2人の通っていたのは、北条幼稚園、北条小学校、館山市立第三中学校、安房高校です。

また、2人がバンド練習をしていた松田屋楽器のスタジオを、別の場所にそのまま移設した「館山MJGスタジオ」があります。

「SJG」は資料室になっていて、YoshikiさんとToshiさんの中学、高校時代のアルバムなどが飾ってあるそうです。

また、当時使っていたドラムやピアノ、高校当時書いた壁のサインなどが、そのまま残っているそうです。

館山といえば、海が直ぐ側で、魚もとっても美味しいところですよね。

暖かくなってきたら、聖地巡りでぶらっと出かけてみたいですね。

東京からなら、電車よりバスのほうが、安くて早く着くので便利だそうですよ。

YOSHIKIさんとマツコさんのトーク

YOSHIKIさんとマツコさんのトークを紹介します。

YOSHIKIさんは、老舗呉服店の長男として生まれました。

4歳でピアノを習い始め、5歳の時ToshIさんと幼稚園で一緒になります。

小5のとき、ロックスターになると決意しドラムを始めます。きっかけは、お父さんの自殺です。

お父さんが亡くし心の行き場をなくしたときにロックと出会い、小6年のとき利三(Toshiさん)とバンドを結成します。

中学のとき、教師にバリカンで丸坊主にされてグレますが、学力は400人中10位以内だったそうです。

母親のとの約束で、不良を遊んでいる時もしっかり勉強をしたいたそうです。

高校時代に「X」を結成。音大を目指してましたが、「X」で生きていくと決意しました。

マツコさんとYOSHIKIさんが話しているとき、突然マツコさんは「いい匂いがする」と言い出しました。

マツコさんいわく、YOSHIKIさんは全身からバラの匂いがする完璧な人」だそうですよ。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ