人は何歳までできるか?肉食化とテストステロン 週刊文春

スポンサードリンク

人は何歳までできるか?と言うテーマで連載を続けている週刊文春ですが、今回は、男性ホルモンのテストステロンがテーマです。

漢方医学で言う、「男性64歳、女性49歳限界説」は結構ショックだった人が多いようで、正直、関心の多さに驚いています。

男性は50代を境に急速に老化が始まり、「筋力」、「体力」、「記憶力」、「視力」など「力」とつくものがどんどん低下します。これによりお父さんの魅力が減ってしまうわけですね。

男性のこのような変化に共通することが、テストステロンの減少と言われています。これは、男性の性の低下のカギを握ります。

テストステロンの低下は男性の更年期障害

テストステロンの低下は、「LOH(ロー)症候群」と言う名前で、2007年に病気として正式に認定されました。俗にいう男性の更年期障害ですね。

症状は、やる気の低下、集中力・記憶力の低下、性欲の低下、短気になる、イライラする、ウツ、疲れやすい、不眠など、女性の症状と似ています。

ホルモン量が低い場合は、テストステロン注射が効果的です。注射後2週間は、ホルモン量がアップします。しかし、長期間
注射をするとホルモンのアップダウンを繰り返すため、徐々に注射の量を減らす必要があります。

また、1日に1、2回顎の下に貼るゲル製剤もあります。劇的にテストステロンがアップすることはないですが、安定した数値になるようです。

ホルモン補充療法をしなくても、自然にテストステロンを上げる方法があります。それは、「心の底から笑うこと」です。

また、硫黄の温泉も副交感神経を高めるために、効果的と言われています。

スポンサードリンク

テストステロンを増やすにはネギ類

食品では、炒めた玉ねぎやニンニクなどネギの仲間が良いようです。ネギ類の含硫アミノ酸が、テストステロンの合成を誘導してくれます。

マウスの実験では、テストステロンが倍に増えるという結果が出ています。

効率よくテストステロンを高めるには、玉ねぎとニンニクが最強ですね。
ニンニクなら、純黒にんにく、玉ねぎならハウス『天然効果(R)タマネギの力』がおススメです。

特に、玉ねぎは、サプリメントで簡単に摂取でき、比較的安価でお手軽に摂取できます。毎日自分で用意できない人向けでね。

おススメのサプリメント一覧はこちら

どちらにしても、男性の性は、「体」と「心」に深くかかわっていますので、健康な体の他、ストレスをなくし、いつまでも「ときめく」ことを忘れないことが大切ですね。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ