下半身冷え性に【作り置き薬膳レシピ】セロリと玉ねぎの鶏肉炒めの作り方

スポンサードリンク

夏バテを引き起こす下半身型冷え性「冷えのぼせ」。

これは、上半身はのぼせて暑いのに下半身は冷えている状態の事を言います。

下半身が冷えるのは、上半身に熱が上がっている証拠だと言います。

ここで、たけしの家庭の医学で紹介されていた下半身型冷え性を改善する「作り置き薬膳」をご紹介します。

薬膳とは、漢方と同じですぐに効果があるものではありませんが、症状に合わせた食材を食べ続けることで体質を徐々に変えていくものです。

薬膳

今回のレシピは、薬膳のエキスパート 中村きよみさんが考案したレシピです。

スポンサードリンク

下半身型冷え性を改善する食材

下半身型冷え性を改善する食材は、
①玉ねぎ
②セロリ
③シナモン
です。

この食材を使った毎日食べたい作り置き薬膳です。

【作り置き薬膳レシピ】セロリと玉ねぎの鶏肉炒めの作り方

冷蔵庫保存で3日ですので、材料は3日分になります。

材料:
鶏むね肉ひき肉 150g
玉ねぎ 2/3個
セロリ 1/2本 (5cm角切り)
パプリカ 1/3個
アスパラ 1本
オリーブオイル 大さじ1と1/2
松の実 大さじ2
オイスターソース 大さじ1と1/2
レモン汁 大さじ1
ナンプラー 大さじ2と1/2
塩 小さじ2/3
胡椒 少々
カイエンペッパー 小さじ1/2
シナモン 小さじ1/2

①オリーブオイル(大さじ1と1/2)で鶏むね肉ミンチ(150g)を強火で炒める
②粗みじん切りの玉ねぎを入れる
③粗みじん切りのセロリを入れる
④パプリカ(1/3個)、アスパラ(1本)、松の実(大さじ2)を入れて炒める
⑤ナンプラー、オイスターソース、塩、コショウ、レモン汁、カイエンペッパー、粉末シナモンを入れてさらに炒める

スポンサードリンク

玉ねぎとセロリは、体中にエネルギーを巡回させる働きがあり、シナモンは、上半身に溜まった熱を下半身に下げる効果が期待できます。

ちなみにシナモンは、漢方では「肉佳」と言われています。

シナモン

薬膳は、毎日食べ続けることで少しずつ体質が改善するそうです。

諦めずに気長に治したいですね。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ