女性の薄毛を予防するシャンプー術とウィッグ活用法

スポンサードリンク

薄毛は男性ばかりでなく、女性にとっても深刻な悩み。中高年になると、頭頂部が薄くなり髪のボリュームがなくなってしまいます。

髪が薄くなるとセットもできず、年も10歳も老けたような感じになってしまい、なんか悲しくなってしまいますね。

薄毛の原因は男性と女性では違っていて、男性は、毛髪が細くなり薄毛になりますが、女性の場合は、毛髪の本数が少なくなり薄毛になるそうです。

薄毛対策

本数が少なくなるのは、女性ホルモンの一つであるエストロゲンのが減少するためです。

エストロゲンは、髪の成長サイクルにも関わっていて女性ホルモンが減少する更年期になると、髪の本数が減ったり、髪が細くなったりしてしまいます。

女性の脱毛は主に「びまん性脱毛」と呼ばれ、頭頂部が透けたように薄くなり、地肌が見えてしまうことが多いですね。

秋になると抜け毛も増え、心配する方も多いのではないでしょうか。

そこで、女性の薄毛を予防するケア方法、シャンプー術、 女性用かつらの最新情報を紹介します。

最近のウィッグは、よくできていて、部分ウィッグを使えば簡単に髪のボリュームアップができて、大人気ですよね。

薄毛を防ぐシャンプー術と女性用かつらの最新情報

東京銀座に女性専用の頭髪外来を設けている、AACクリニック銀座では、7年前に開設し患者数が4倍に増えているそうです。

その多くが、女性の薄毛の悩みだそうです。

女性の頭髪治療専門医 浜中聡子先生にアドバイスしてもらいます。

女性の薄毛の主な原因は、
①加齢
②女性ホルモンの減少
③生活習慣の乱れ
④間違った頭皮ケア

生活習慣の乱れや間違った頭皮ケアは、加齢や女性ホルモンによる髪の痛みを加速させてしまいます。

ここで、自宅でも簡単にケアできるのが、シャンプーです。正しいシャンプーで頭皮のケアを行うと、薄毛を予防改善できるそうです。

スポンサードリンク

正しいシャンプーの仕方

①お湯で1~2分かけて洗います。
この時、髪の毛だけでなく頭皮を洗うように濡らしていきます。しっかり予洗いをすることで、頭皮の汚れの約8割が落ちます。

②シャンプーは髪に直接つけてから泡立てるのではなく、
手のひらで泡立ててから髪につける。泡が頭皮から汚れを浮かび上がらせるので、泡だってから頭皮に付けることがポイント。

③シャンプーが残らないようにしっかりすすぐ
すすぎ残しは頭皮のトラブルの原因にもなります。

正しいシャンプーを行うと、汚れで詰まっていた毛穴がキレイになります。

④自然乾燥は、危険です。髪が濡れていると頭皮が蒸れて
雑菌が繁殖しやすくなり、それが抜け毛につながります。ドライヤーを使ってすぐに乾かすことが大切です。

P.R.

ウィッグを使って髪のボリュームアップ

最近では、ウィッグの種類も豊富で、蒸れないように通気性が良いものも販売されています。百貨店の婦人服売り場にウィッグのコーナーがありますので、試してみると良いですね。

番組に出演した女性は、「思ったより簡単につけられて違和感がなく、ウィッグの段差がかつらだとわかってしまうことを心配していましたが、それほど分からず良い感じでした」と感想を述べていました。

ウィッグのお手入れは簡単で、水やぬるま湯で洗ったあと乾燥させブラッシングで整えると元の形に戻るといいます。
※使用している素材によっては扱い方が違いますので、仕様を確かめてからお手入れをしてください。

●ウイッグによる頭皮のトラブル

ウィッグは、時間を長く使っていると中にはトラブルを起こす人もいます。人によっては、留め金が当たってかぶれたりすることもあるようです。

スポンサードリンク

何かトラブルを感じたら、無理して使用することなく、専門医に相談してくださいとのことでした。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ