混ぜると危険!家庭用洗剤との意外な組み合せ 毒ガス発生例

スポンサードリンク

家庭用洗剤に書かれている「混ぜるな危険」の表示。何気なく見過ごしていますが、混ぜると命に関わる危険があります。

しかも、混ぜた記憶がないにもかかわらず、事故に合われる方もいるので注意が必要です。

家庭用洗剤には、台所用、住居用、お風呂用、洗濯用、トイレ用など、それぞれの用途に合わせた様々な種類の洗剤があります。

洗剤

洗剤には、アルカリ性と酸性と中性があり、中性の場合は問題ありませんが、アルカリ性と酸性が混ざると、化学反応がおこり命に関わる毒ガスが発生してしまいます。

洗剤のパッケージに「混ぜるな危険」と書いてあるものは、酸性かアルカリ性のどちらかのものですので、よく確かめて使う必要があります。

ところが、混ぜた記憶がないのに、毒ガスが発生して事故にあわれる方がいます。

ある人は、トイレ掃除をしていると、突然呼吸困難や手足のしびれを引き起こしてしまいました。

洗剤を混ぜた記憶がまったくないのになぜガスが発生してしまったのでしょうか?

それは、以前に塩素系の「排水口洗浄剤の固形タイプ」を使っており、その固形物がまだパイプの中に残っており、酸性のトイレ洗剤で掃除をしているうちに、パイプの中で化学反応を起こしてしまい、毒ガスが発生してしまったのです。

スポンサードリンク

塩素系漂白剤(台所洗剤)との意外な毒ガス発生源!

食酢 水回りの水あか取りには酢(食酢、クエン酸)が有効ですが、塩素系と混ざると毒ガスが発生します。
生ゴミ 例えばレモンの絞った残りカスが入っていて、そこに塩素系が混ざると毒ガスが発生します。
アルコール 別の理由があるので注意が必要です。
重曹 アルカリ性です。
重曹+塩素系 アルカリ性が弱まり洗浄力が弱まる
重曹+酸性タイプ 二酸化炭素が発生し、勢いよく酸性の液体が飛び散ることもある

これらの内容は注意書きに書いてありますので、しっかり読んでから使ってくださいとのことです。

といっても、小さな字でぎっしり書いてある重要な説明内容をなんとかして欲しいですよね。(^_^;)。

参考商品名

塩素系洗剤

油汚れ用 ジックリン、マイペット
カビ取り用 カビキラー、カビとりハイター
パイプ洗浄用 パイプマン、パイプフィニッシュ、サニボン泡パワー

酸性洗剤

トイレ用 サンポール、ルックトイレの洗剤、トイレパワーズ
浴室用 お風呂用ティンクル、パワーズひのきの香りクリーナー

スポンサードリンク

参考 マジックリンとマイペット

マジックリンの台所用と住居用はアルカリ性で、お風呂用、トイレ用は中性です。マイペットは、アルカリ性です。

マジックリンの場合には、同じ商品名で、中性とアルカリ性があるので注意が必要ですね。(情報元:花王サイトの製品カタログより)

マジックリンは同じ名前でもこんなに多様

台所掃除用は、アルカリ性です!
・キッチンマジックリン(弱アルカリ性)
・マジックリン(アルカリ性)
・マジックリンのディスプレー(アルカリ性)
・マジックリン、ワイドマジック(弱アルカリ性)

住居用洗剤は、中性とアルカリあり!
・フローリングマジックリン つやだしスプレー(中性)
・ガラスマジックリン (弱アルカリ性)

お風呂用は中性です!
・バスマジックリン(中性)
・バスマジックリン 泡立ちスプレー (中性)
・バスマジックリン 泡立ちスプレー 壁の防カビプラス(中性)
・バスマジックリン 泡立ちスプレー 壁の防カビプラス (中性)
・バスマジックリン 泡立ちスプレー 除菌消臭プラス (中性)

トイレ用は中性です!
・トイレマジックリン 消臭・洗浄スプレー (中性)
・トイレマジックリン 強力クレンザー (中性)
・トイレマジックリン 流すだけで勝手にキレイ (中性)

スポンサードリンク

マイペット

住居用洗剤・・アルカリ性です!
・マイペット(弱アルカリ性)
・かんたんマイペット (弱アルカリ性)

良く使う「マジックリン」に、こんなに種類があるとは知りませんでしたし、同じ商品名で、中性とアルカリ性があるのも知りませんでした。

思わぬ事故に巻き込まれないよう、但し書きを良く読んで使ってくださいね。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ