本文へスキップ

新しい視点でシニアを応援する from4050

男性・女性 更年期障害menopause


40代後半から始まる更年期障害。男性、女性ホルモンの低下が、身体に色々な影響を
及ぼしていきます。いつかはなることはわかっていても、それがどう自分に影響してくるのか、
個人差もあるため悩まれている方も多いはず。

身体的な不調は、同時に精神的な不調へと発展してしまいまいます。
避けては通れない更年期障害をどう乗り越えていけばいいのか・・
最新情報をお伝えしていきます。

男性更年期障害を克服し気力を充実させるには…

50歳前後になると、気力がわかなくなったり 体力が急激に落ちたと感じられる方も多いはず。
それは、男性更年期障害になっている可能性があります。

男性更年期障害は、40〜50歳になって男性ホルモンが減少し
男を成立させていた機能が低下し体調を崩してしまいます。

しかし、女性の閉経のような明確な症状が現れるわけではないため、 治療が遅れて
「うつ病」を発症したりすることもあるので注意が必要です。

傾向として、運動している人や筋肉質の人には、あまり症状が現れず
肥満気味やストレスを貯めやすい人に、症状がでるようです。

主な症状としては、  
@ほてり・のぼせ・動悸
A不眠・頭痛・めまい・不安
B肩こり・筋肉痛、発汗・口の乾き
C食欲不審・便秘
D頻尿・残尿感
E性欲低下・朝立ち減少・勃起不全(ED)
などが起こります。
症状も女性の更年期障害と似ています。

男性ホルモンの分泌を促すことで、症状は改善します。
治療法は、
@男性ホルモン補充療法
A漢方薬、
BED治療薬(バイアグラ)
などがあります。

特に、男性の場合には、勃起不全が起こると、男としての
プライドや自信を失ってしまうことがあるので、 この時期には注意が必要です。

男性更年期の専用外来を設けている病院はまだ少ないので、心療内科、内科、泌尿器科、
神経精神科などを受診されて相談してみるといいでしょう。

色々なサプリメントも多く販売されてますから、 試してみるものいいかもしれませんね。