本文へスキップ

新しい視点でシニアを応援する from4050

スマホ・パソコン・デジタルライフdigital_life


デジタル機器がいつの間にか、私たちの生活の中にしっかり根付いています。携帯やスマホは、
すでに国民のほとんどの人が持つようになりました。

このデジタル機器は、私たち中高年にとっては苦手なものなのですが、これからは
「本当に心強い味方」になります。 「遠くの親戚より、自分の子供より、身近なスマホ」^_^;って
感じですかね。このコーナーでは「簡単便利」を合言葉に、中高年に使えるデジタル機器を
紹介していきます。

便利なスマートフォンアプリ紹介

われわれ世代は、「デジタル機器を上手に使いこなしている派」と「苦手・あきらめ派」
と大きく分かれているような気がします。

それでも、「世の中スマホやタブレット」だよ。と言われると、頑張って付いて行こうと
購入するも、悪戦苦闘している人も多いのが我々の世代です。

せっかくスマホやタブレットを購入したのに、ただの携帯電話になってしまっている方、
人それぞれに生活に合った便利なアプリ(アプリケーション)が無料、または廉価で
多数提供されていますので、便利なアプリを使いこなしてみましょう。

バスをよく利用する方向き「バスいまどこ?」 「バスあと何分?」無料版

■「バスいまどこ?」 、「バスあと何分?」

バス停で待ちぼうけを喰らい、いつ来るかわからないバスにイライラする人に
向いています。また、今バスがどの辺を走っているか分かると
おおよその待ち時間が分かり、時間を無駄にすることがありませんね。

アプリによって提供するバス会社(西鉄、都営、横浜、京都、大阪、他)
の違いがあります。自分の利用するバス会社を確認してください。

利用するバス会社が決まっていれば、
それぞれのバス会社のアプリも良いですね。
例:国際興業バスタイム、西武バスタイム、まほろばGO 等


薬を飲み忘れてしまう方向き「あっ、おくすりLite」無料版

■あっ、おくすりLite

中高年ともなると毎日定期的に服用する薬が増えてきます。
「あれ?今日は飲んだっけ?」と忘れてしまうこともしばしば。
薬の飲み忘れや重複は、健康管理に大きな影響を与えかねません。

そんな時、服薬を記録しておくことで、音声とバイブでお知らせしてくれます。
これで、「飲み忘れ」を防げますね。他にも、電子おくすり手帳や体調を管理する記録機能も
ありますので、災害時、緊急時、他の病院で受診した時など、正確な薬と服用状況を
伝えることができます。

電車を利用する方向け「乗換案内」無料版

■乗換案内

出発地と目的地を入力するだけで、JR、私鉄などの鉄道、また、飛行機での
最適な経路や運賃、所要時間を知らせてくれます。使い勝手はとにかくシンプル。
余分な機能が要らない人向けです。

無料版は、最適な経路や運賃、所要時間が表示されます。「1本前」、「1本後」などが
知りたい方は、有料版「乗換案内Plus(350円)」となります。