本文へスキップ

新しい視点でシニアを応援する from4050

輝き続けるシニア紹介interview


群馬県富岡市 仏師 篠原昌子さん 84歳

篠原昌子さんは、仏像を彫りながら、群馬県富岡市の自宅で仏像彫刻の教室を開いています。

いつまでもキラキラ輝き続ける女性
仏師 篠原昌子さん を訪ねて


仏師篠原昌子さんは、仏像を彫り続けて28年になります。 子供ができなくふさぎこんでいたとき、 ご主人が仏像の本を勧めてくれたそうです。

10年間全国仏像巡りをしているとき、自分も彫れると言うことが分かり、 入門するための仏師を探しに京都に出向きました。

55歳のとき、埼玉県所沢市の仏師川村雅則氏と縁があり、 厳しい指導の元、月2回、3,4年ほど通います。 そこには、昌子さんならではの面白いエピソードも。

入門から3,4年後、定期的に通わなくなった後も、 師匠にどうしても聞きたいことがあると、
制作中の像をご主人が作ってくれた背負子に入れて、師匠の元まで電車で行ったそうです。

60歳の細身の昌子さんにとっては、30キロ近い像を背負っての駅の階段の上り下りは
到底無理。
そこで、階段の上り下りのない駅までタクシーを飛ばしたそうです。 怒られると思って
ご主人には内緒にしていたそうですが、 地元のタクシー運転手さん達の間では有名になり、
誰もが知っていたそうです。

そんな昌子さんですが、多い日は午前4時間午後3時間、 1日7時間彫ったそうです。
現在は、50分彫ったら休むという形に変えていますが、 彫っているときの集中力は
それはすごいものです。 28年間、やめたいと思ったことは1度もなく、
彫ることが楽しくて仕方なかったと言います。

昌子さんは仏像の顔にこだわります。 昌子さんは昌子さん独自の顔を創っていきます。
それは、現在教えている生徒さんに対する姿勢にも現れ、生徒さんそれぞれの個性を生かした
顔の仏像にしたいそうです。

お教室を開くきっかけは、昌子さんの仏像に惚れ込んだ人に何度も頼まれたから。
現在は、創る喜びの他、教える喜びも味わいますます充実した日を送っています。

昌子さんは、55歳から彫刻を始め、83歳になってからお教室を開きましたが、
自分が歳だと思ったことは今まで一度もないそうです。
「私は、歳を取ったと思ったことがないの」
これは、歳を意識し始める私たち中高年にとったら 最高のエールではないでしょうか。

昌子さんの笑顔に仏像の優しい顔が重なりました。

取材 秋元恵美子

仏師篠原昌子さん作品