本文へスキップ

新しい視点でシニアを応援する from4050

TVで紹介!予約でいっぱい話題の病院hospital


TMS治療 驚異のリハビリ最前線 脳梗塞新たな取り組み NEWSアンサー

脳梗塞により左腕足麻痺、言語障害のある男性(72歳)が運ばれた東京都立墨東病院では、TMS治療と言う新しい取り組みが行われています。TMS治療とは、8の字型のコイルから発する磁気を頭に当て、脳を刺激し、 患者の機能を回復させると言うものです。続きはこちら

脳出血 最新リハビリ 経頭蓋磁気刺激治療(TMS治療)とNEURO

TMSは、脳に磁気を加えることで、脳の制御機能を麻痺させ、失われた機能に変わる部分を活性化させることができる最新リハビリ方法です。 さらにNEUROを実施すると効果が高まります。脳卒中におけるTMS治療とNEUROによるリハビリは、 東京慈恵会医科大学付属病院リハビリテーション科  安保雅博教授グループが行っています。詳細はこちら


前のページへ